心肺能力

動脈硬化が起こったり、血管の有効断面積が減ると、心臓の負担が増える。定期的に適度な運動をして、心肺能力を高め、循環を改善しておくことは大切だと思います。必要十分量より少し高めの予備機能を持てると、いざという時も安心です。